2015年1月に、幼稚園の創立記念日を利用して平日1部のキッザニア甲子園に行ってきました。
こちらは

>>体験レポートその①
>>体験レポートその②

からの続きです。

【スポンサードリンク】



怒涛の追い込み!5個目;科学研究所

平日1部の今日は、一般客はほんの少しで学校の遠足や社会科見学できている団体が6校も来ています。
そのせいか、いつもの休日とは全く違うお仕事の人気分布になっていました。

どうしても携帯電話がしたいイチゴさんは、もう一度携帯電話へ行ってみましたが、中学生が押し寄せていて、やっぱり「今も1時間待ちです」と言われてしまいました。しょぼーん。
団体さんは、制服を着て人前に出るようなお仕事は嫌がる傾向があるみたい。
携帯電話とか、ビューティーサロンのお客さんとか、漫画家(集英社)、ラジオ局、声優吹き替え(ECC)、ファッションブティック(スタイリスト)などが人気のようですね。

で、イチゴさんが次に行ったのはヤクルト提供科学研究所。
今年お仕事内容がリニューアルしてからは行ったことがなかったのでチャレンジしてみることにしたようです。
10分待ちで次の回にすぐ入れました。

以前はスケッチしたものをみんなの前で発表する内容でしたが、リニューアル後は説明を聞いて、ピペットを用いて実験準備、その後顕微鏡でウィルスの研究をする、という流れに変更になりました。
字を書いたり発表したりする過程がなくなったので、幼児にも挑戦しやすくなりましたね~。

6個目;観光バス(お客さん)

次は一緒に行ったお友達が、「車に乗りたいなー」というのでバスに乗ることにしました。
どーせならバスガイドのお仕事にしたら?とも思いましたが、当の本人たちはキャッキャと大喜びで客席に座って観光気分でした(笑)。

キッザニア甲子園 バスのお客さん

休憩&腹ごしらえ

13時30分になりました。
最初にピザを食べたもののさすがにお腹が減った模様。デリカテッセンでグラタンを買ってペロリ。ついでにトイレも行って休憩は万端。
少し休憩しただけであっという間に息を吹き返すんだから、子供ってすごいよね(笑)。

7個目;バームクーヘン(ユーハイム)

お待ちかねのバームクーヘンの時間がやってきた!
1日のうちにピザもバームクーヘンも両方できるなんて素敵すぎ。

やっぱりこのユニフォーム、かわいいなー。

キッザニア甲子園 バウムクーヘン ユーハイム

手を洗って、順番で生地をかきまぜたら、いよいよ焼きの工程。

オーブンの前に立つとすごく熱いんだって!「バームクーヘンってこうやってできるんだ!」と一緒に行ったお友達が驚いてました。

キッザニア甲子園 バウムクーヘン(ユーハイム)

8個目;ファーマーズセンター(ヤンマー)

バームクーヘンが終わったら、時間は14時30分になっていました。
最後のお仕事を急いで探そう!と思ってあたりを見回すと、たくさんいた団体の小中学生の姿が見えない!!どうやら、団体さんは集合時間になったらしく、キッザニアに残るのは一般できた子供だけ。もう全体ががらーんとしていました。

団体さんの姿がないので、最後のお仕事はどこもガラガラ。子供が一人もいないお仕事が続出しています。ソフトクリームもベーカリー(パン屋さん)も、最後の回に空きがある。信じられん(笑)。恐るべし、平日1部のキッザニア甲子園。

真っ赤なトラクターがキラキラしてるのを見て一緒に行ったお友達が「かっこいい~」と言ったので、最後のお仕事はで、ヤンマー提供のファーマーズセンターのお仕事にしました。

キッザニア甲子園 ヤンマー 

これにて、本日のキッザニアは終了。今日もよく働きました~。

2015年1月 平日1部キッザニア甲子園のまとめ

今日のキッザニア甲子園は、さすがの平日1部だけあって団体さん以外の一般客はほんの少しだけでした。
で、こんな日は団体が入る前と帰った後が狙い目だと実感した今日のキッザニア甲子園でした。

というのも、団体さんの多くは9時すぎに到着して、14時すぎに集合して帰っていきます。
ですから、9時よりほんの少し前に行って込み合う前に人気のお仕事の予約を抑え、団体さんが帰った後の14時過ぎにもう一つ人気のお仕事を狙う!というのが一番効率的なのかな、と思ったんです。
平日1部は決して早く行く必要はありません。この日我が家は9時5分前に到着したのに、ピザとバームクーヘンの両方ができたくらいですから。
平日1部にキッザニア甲子園に行こう!と思っている方は参考にしてみてください。

いつもは一人で来ているイチゴさんですが、今日はお友達と一緒で「いつもの100倍楽しかった~」と大興奮でした。
やりなれたお仕事もお友達と一緒なら新鮮だったようで、バスのお客さんですら「めっちゃたのしい~」とニコニコでした。

やっぱりキッザニア甲子園に行くときには、同年代の同性のお友達と行くのが楽しいのかもしれませんね~。

今日も素敵なキッザニア甲子園をありがとうございました。