2015年1月、幼稚園の創立記念日を利用して平日1部のキッザニア甲子園に行ってきたときのブログ。
>>その①からの続きです。

保育園から中学校までの団体さんが6つも来ていて、意外なお仕事が人気だったりしました。

【スポンサードリンク】



資生堂のネイル(お客さん)と携帯電話がしたいんだけど…

「次なにしたい?」と聞くと「ネイルのお客さん!」というイチゴさん。
今日はガラ空きだから余裕で行けるでしょ~?なんて余裕かまして、資生堂(ビューティーサロン)に行ったのですが…。

なぜだか、「ネイルのお客さん」だけが『待ち時間60分~』の表示。
なんでかなー?「ネイルをしてあげる人」と「メイクをしてあげる人」など「ネイルのお客さん」以外はどれも『待ち時間15分』なのに、どーして「ネイルのお客さん」だけそんなに人気???

私が想像するに、団体で来てる子たちは、制服着たりするのは気恥ずかしいし、ネイルを塗ってもらうだけなら簡単でいいよねー、くらいの軽いノリでこのお仕事を選んでるんだと思う。
で、バームクーヘンに予約を入れているイチゴさんは、「また来ます」と言ってあきらめざるを得ず。

「次にしたいのは携帯電話!」と言うので、商店街にあるドコモに行ったものの、中学生が長蛇の列をなしておりました。ありゃー。
いつもならあまり混んでいない携帯電話も、団体の中学生の皆さんにとっては、話を聞くだけでOK、あこがれの機種をいじれる、とあって大人気の様子です。
「今でしたら1時間ほどお待ちいただくことになります」とのことで、再びしょんぼりあきらめたイチゴさんでした。

3個目;デパート(ギフトアドバイザー)

ということで次に向かったのはデパート。 すぐにできるというのでお仕事することにしました。
キッザニア甲子園内の高島屋デパートでは、中にある商品をキッゾでお買い物できるだけでなく、デパート店員のお仕事をすることもできるのです。

今回は、おすすめの商品を選んで陳列する『ギフトアドバイザー』というお仕事だった様子。

キッザニア甲子園 デパート販売員

 

こちらがイチゴさんセレクトの『お母さんへのプレゼント』だそうです。買ってくれー!

キッザニア甲子園 デパートディスプレイ

4個目;資生堂ビューティーサロン(メーキャップお客様)

やっぱり資生堂のお客さんがあきらめきれないイチゴさん。
デパートのお仕事が終わった後でも立ち寄ってみました。

「ネイルしてもらう人がしたいです」
「申し訳ありません。ただいまですと、1時間ほど椅子に座ってお待ちいただくことになります。」
「えー、1時間は長いよね…。。。」
「お顔にメイクをする方のお客様でしたら、20分ほどですがいかがですか?」
「えっ!やるやる!メイクでいいよっ!」

ということで、ネイルはあきらめメイクをしてもらうお客さんにしました。

この時点で時間は11時15分。驚くことに、まだお寿司屋さんもバームクーヘンも空いています。
どんだけ空いてるねーん!という状況なのに、なぜネイルが60分待ち?今日のキッザニア甲子園は、おかしいよ。

おとなしく20分間椅子に座って待った後、念願のメイクをしてもらいました。

キッザニア甲子園 ビューティーサロン 資生堂 メイク