キッザニア甲子園は、完全屋内のテーマパークです。
雨が降っても、雪が降っても、キッザニア甲子園は何の影響も受けません(笑)。本当に親にとってはありがたい所です。

このページでは、キッザニア甲子園に行くときの服装と持ち物についてまとめます。

【スポンサードリンク】



キッザニア甲子園 服装はどうする?

冬も薄着で!夏も薄着で!

キッザニアの中は、完全に空調が効いています。
ほとんどのお仕事で制服を着ますし、子供たちは次々お仕事をこなすのに必死ですから、冬でも「長袖Tシャツ」ぐらいがちょうどいいです。

特に食品系のお仕事では、ユニフォームから服が出ないように指示されるので、まくり上げやすい薄手の服装がおすすめです。

キッザニア甲子園 焼きおにぎり 冷凍食品 ニチレイ

冬はコート類は順番待ちの間にコインロッカーに入れましょう。
子供と自分のコートを抱えて一日歩いている親御さんをよく見かけます。冬のコートは本当に邪魔なので、ロッカーに入れるか、折りたたんでまとめられるカバンを用意すると便利ですよ。

写真写り重視なら、白ブラウスに黒パンツがベスト!

上記のとおり、キッザニア甲子園内は、空調がしっかり聞いているので、夏なら半そでTシャツで、冬なら長袖TシャツでOK。
さらに、欲を出していえば、シャツが白で襟が付いていると、制服着た時の写真が超きまります。ほら、こんな感じ↓。

キッザニア甲子園 キャビンアテンダント CA

お仕事によっては、制服でズボンをはいたり、高い所での作業だったりするので、女の子でもズボンにしておいた方が動きやすいと思います。

靴も履きなれたスニーカーの方が、移動もしやすいですし安全です。

髪の毛は帽子に入れやすいように、まとめましょう。

キッザニア甲子園では、制服と一緒に帽子やヘルメットをかぶるお仕事が多いです。

キッザニア甲子園 クライマー

帽子の下には、衛生上白いネットも一緒にかぶります。

特に女の子の場合は、ポニーテールに大きなリボンをつけていたりすると帽子が持ち上がってしまいますよね?帽子をかぶることを前提に、かぶりやすいヘアースタイルにしてあげてください。
小さいお子さんの場合は、1人で帽子の着脱がしやすいように、あらかじめ髪の毛をまとめてあげましょう。

キッザニア甲子園に行くときの持ち物

ママの持ち物と子供の持ち物をまとめます。

ママの持ち物

  • 【入場手続きに必要なもの】CRコード・予約番号のメモなど
  • 【身分証明書】一時退場するときなどに必要
  • 【カメラ・ビデオなど】キッザニアといえば写真!カメラは必須です。
  • 【補助バッグ】子供が作ったものや子供が脱いだ服などをまとめておく大きな袋があると便利。
  • 【レジャーシート・ボールペンなど】朝早くから並ぶ場合は座るためのレジャーシートがあると便利。
  • 【ららぽーとカード・キッザニアクラブ甲子園会員証】(あれば)ららぽーとカードがあれば駐車場がプラス一時間無料になります。

DSC_4791

子供の持ち物

  • 【リュック・手提げかばんなど】自分の持ち物は自分で管理。ジョブスケジュールカードを出しやすいカバンがおすすめ。
  • 【水筒】一生懸命お仕事をすると喉が渇きます。水分補給は必須です。
  • 【ハンドタオル・ウェットティッシュなど】
  • 【やりたいお仕事リスト】事前にキッザニアでやりたいお仕事をリストアップしておきましょう。⇒「キッザニア甲子園攻略法」参照
  • 【腕時計・携帯電話など】(あれば)自分で時間を見て動けるように時計を持たせましょう。
  • 【キッザニアの財布・カードなど】(あれば)キッザニアに来たことがある子供は必ず持って行きましょう。
  • 【キッザニアのシティマップ・大使館パスポートなど】(あれば)前回もらったシティマップを持参すればエコシールがもらえます。3つシールを集めるとキッゾを払ってするお仕事が1回無料で体験することができます。

キッザニア甲子園 子供の持ち物 財布 カードホルダー キッザニア甲子園 子供の持ち物 シティマップ パスポート